真っ赤なモミジ

ここ何日かでいきなり寒くなりました。
急に寒くなりすぎたせいで、気持ちも体もついていけていない状態です。
暖かだったのに…ネックウォーマーの出番です。

車を走らせながらですが、赤いモミジやドウダンツツジ、黄色いカツラやイチョウなどが目を楽しませてくれています。
今年は温暖だったり台風の塩害などで、紅葉には期待をしていませんでした。
頭の中もバタバタしていて、紅葉に目もいきませんでした。
そんな心情の秋の始まりだったのに、今は逆に赤や黄色に目が奪われてしまっています。

いつもお伺いする頃は散り際のモミジですが、今年は真っ赤な姿を見ることが出来ました。
ほんの少しの気持ちの余裕のおかげで、真っ赤なモミジを楽しみながら、仕事が出来ました。



真っ赤なモミジが綺麗に見えるのではなくて、綺麗に見えるには理由があるんだなと…。

上り坂

今年もとうとう12月に突入しました。
こんなに暖かいのにクリスマスは来るのでしょうか?
それでも少しずつ紅葉している木々が目に入ってきます。

いつもと何だか感じが違う秋の手入れ。
天気にも恵まれているので、今のところ順調で、気持ち的に少しだけ余裕がある今年の12月。
毎年焦らずにはいられない師走ですが、今年は師走だけ焦らずにいれる様な変な1年になりそうです。
それでも雨が降るかもしれないし、車が壊れるかもしれないし…油断は禁物です。

余裕があると少し物事が広く深く感じることができるような気がします。
「やっぱり余裕が大切だよな」とは思っていながら、時間に負け、現実と言う下り坂を下っている様な…。
それでも色んな色に変化した葉っぱを見たり、葉っぱが落ちてすっきりした落葉樹を見たりすると、下り坂から平坦な道のりに変わり、歩幅も少し広くなり楽しめています。




今年もサッカーのセレクションに無事合格出来た長男。
頑張っている姿を見ていると嬉しく感じます。
おかげで送迎が大変になりましたが、上り坂を登っている真っ只中の長男に引っ張られている毎日です。

グランド脇に植えられたカツラの甘い匂いを感じながら、練習での活躍を楽しんでいます。
長男みたいに、僕も僕で登って行こう。

シラカシ

サクラの葉も色付き始め、植木屋の忙しい時期になってきました。
この時期の植木の手入れは、毎年同じ頃に同じお宅にお伺いさせて頂く事が多いです。
1年に一度の方は「もう1年経ったんですね」と笑顔で言われます。
1年の早さを感じる時期になってきました。

先日、シラカシを手入れしました。
7、8年位前に2メートルくらいの小さな苗木だったシラカシです。
今では5、6メートルの高さになり、とても立派になりました。
毎年大きな脚立から切っていましたが、今年初めて上りこんで切りました。
そう考えると本当に立派になったなと感じ、すっかり家のシンボルです。



お孫さんと共に成長してきたシラカシです。
これからは大きさや幅りなどを抑えながらの手入れになると思いますが、だんだん太く強くなっていくと思います。
強い風や暑い日射しから守ってくれるシンボルであり続けていてくれるように手入れが出来ればと思っています。

また1年後に…

| 1/224PAGES | >>

居心地のいい庭づくり 風園 

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM