雪とサクラ

今日は3月末だというのに雪が積もりました。
満開のサクラに雪が積もっているという珍しい景色が見られました。

新型コロナウィルスの影響で、自粛中の中、車を走らせて病院へ。
三男が発熱に嘔吐と苦しそうな病気に罹ってしまいました。
検査して貰うと、新型コロナウィルスでは無く、アデノウイルスが原因でした。
三男も心配ですが、次男も心配で、このアデノウイルスに罹ってしまっていたらどうしようと…。
幸い体調は良いようでほっとしています。

明日とうとう次男の手術の日です。
金曜日から入院していますが、新型コロナウィルスの影響でお見舞いは禁止。
明日も体調不良の三男の子守で、術前に会うことが出来なくなってしまいました。



出来ればみんなで一緒に見たかった雪とサクラの珍しい光景。
せめて写真だけ撮って、後で次男に見せようと思っても、なかなかよく撮れませんでした。

身近なところから世界的な所まで、自力ではどうしようもない踏ん張りどころです。
なんとかみんなで踏ん張って頑張らなくては。
とにかく明日の僕は祈るばかりです。

卒業式

今日は小学校の卒業式でした。
とてもいい天気で良かったです。
ソメイヨシノもほぼ満開で、それも良かったと思っています。

コロナウィルスの問題で保護者は各家庭一人のみ参加と言う事でした。
そうなれば母親の出番なので、僕は仕事に出ました。
自分の卒業式を思い返しながら、頭の中で楽しみながらの日中でした。

でもやはり卒業式を見られないというのは寂しく、物足りなく、締まりが付かないものです。
ただ、僕ら親ではなく、子ども達が「卒業」という物を納得出来る事ができたのなら、形はどうあれいいと思えています。
今日お伺いしたお宅のお孫様は、東日本大震災の為に卒業式は中止になったそうです。
それをお聞きした後に考えると、このご時世の中、卒業式を行って貰えただけよかった様な気もします。

夜のサッカーの帰り道、長男と車の中で小学校のまとめのような話をしました。
長男が、次のステップになるような感覚で聞いてくれていれば嬉しい限りです。
僕にとっては、卒業式に出られず区切りが付いていなかったので、ちょうどその話が区切りの様になりました。
止まることなく流れる時間の中で、区切りっていうのは、少なからず大きな目印になっていると実感させられました。



ソメイヨシノが満開の中、庭でツツジも咲いていました。
季節外れ過ぎていて喜ばしい開花ではないですが、今日は早く咲いてしまったツツジがとても喜ばしく見えました。

ほんの少し、少しだけ荷物が軽くなった気がしました。

河川敷にて

春分の日、どこかへ連れてってと次男。
自粛のご時世、どこへ行こうと考え、多摩川に魚採りに行きました。
昨年の台風以来で河川敷に行ってみたら、なんとも驚く地形の変わり様でした。
半年経っているのに、昨年の台風の力を目の当たりにしました。
子ども達は魚採りに夢中なのを良いことに僕は観察!観察!
根っこや地形を観察して考察して、なるほどと納得。
とても面白い観察材料になりました。
倒れた大きなシダレヤナギの梢の方は緑の葉が茂っているのに、みんな下流に向かって寝返りで倒れていました。




子どもは子どもで、エビや小さい魚、見たことのない虫(トビケラの仲間)が捕れたみたいで楽しんでいました。
分かってはいましたが、田んぼで遊んでいる状態で、泥だらけ砂だらけ。
随分上流から砂が運ばれて砂浜のようになっていました。
それをいいことにこんなになるまで汚し放題の我が息子達…歩いて帰れるからいいものの…。



その砂浜から少しずつ植物が生えてきていました。
これからどんな風に変わっていくのか、たまに観察に来ようと思っています。

親子共々、河川敷で色々と楽しめました。
ただこれだけの自然の力を見せつけられ、今年は去年のような大型台風が来ないことを願うばかりです。

| 1/237PAGES | >>

居心地のいい庭づくり 風園 

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM