自然そのもの

猛烈な台風が過ぎ去っていきました。
通り散らかした痕は余りにも大きく、強く弱い人間たちには甚大な被害をもたらしました。

多摩川に近い我が家も自然の底知れないパワーにお手上げで、初めて避難をしました。
時間経過と共にみるみる姿を変える多摩川の姿に大きな自然を感じました。
そしてこれも自然のすがたであると思わされました。

テレビの前で祈ることしか出来ない無力さを感じながら、一夜明けて帰宅しました。
幸いに我が家は浸水等の被害はありませんでした。
ほっと胸をなで下ろしました。
子どもが居ることが重荷ですが、子どもが居てくれたから、心が穏やかになったり冷静になれたり、決断が出来た気がします。




台風が通り過ぎた翌日は暑いくらいの日でした。
空を見ると、何も無かったような平気な顔をしていました。
そしてその顔からは穏やかな自然を感じられました。
恐ろしく感じたり、美しく感じたり、そんな様々な顔と向き合う事が、自然そのものなんだと改めて感じられました。
この経験を生かして、自然に溶け込んでいけたらと思っています。


今回の台風19号でお亡くなりになられた方々、被害に遭われた方々にはお悔やみ申し上げます。

再会の月

今月は久しぶりの再会や電話が多く驚いています。
特に偶然のばったりが多く、少ない時間でも濃厚な話に顔がほころびました。
会っていても遠いのに、会っていないのに近いって不思議だなと感じています。

先日誕生日を迎えました。
随分年をとってきたんだと感じる様な年齢になってきました。
今月の突然の再会した事がきっかけで、学生時代から今日まで、沢山の人に会ったんだと実感しています。
沢山の人と関わり、笑って怒って悲しんで喜び色々学んできたなとしみじみ…。
最近そんな関わりを生かしながら木々に触れられていると感じています。
沢山の出会いと関わりに感謝して、出来るだけ多く、いい仕事として形に残せれば思っています。



植木屋を始めた頃からは随分と変化を感じています。
さぁまた明日から…。
焦らずゆったりどっしりと…。

親子共々

長男の通っているサッカースクールはその日その日でコーチが変わります。
9月のスケジュールの欄を見てみると、見覚えのある名前が…そうです僕のコーチだった人が…。
違う会場でコーチをしていると聞いていましたが、とうとう長男の通う会場に来ることになりました。
と言う事は、僕も行かなくてはいけない→行きたい→行こう、ということで僕も久しぶりに見学に行ってきました。

グランド脇のベンチに座り見学をしていると、当時そのままの様な感覚です。
姿も声も変わらず、あの時の事が思い出されました。
褒めるかけ声も、アドバイスの声も、デモンストレーションも変わらずで、見学しながら懐かしんでいる僕、そしてその目先には初めてそのコーチングを体験している長男。
僕のコーチが長男にサッカーを教えていて、不思議で気持ちの良いとても贅沢で楽しい時間を過ごしました。



帰り道とても楽しかった様で、口数が多く、思春期の長男と久しぶりに沢山話をしました。
親子二代に渡ってお世話になった僕らのコーチは、実は我が家から歩いて1、2分の所に住んでいたりします。
凄い近所なのになかなかバッタリ会えませんが、不思議なご縁を感じます。

僕が教わっていた時からもう20年以上経っているのですが、あの時がそのままで、再び時間が動き出したように思いました。
錆びた時計と錆びた体から、シャキシャキ動く時計と体にバトンタッチの瞬間でした。

おかげさまでとても嬉しい一時でした。
次の走者をよろしくお願いします。

| 1/232PAGES | >>

居心地のいい庭づくり 風園 

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM