細々と

毎日のリズムが変わってから何週間、いつまで続くのかと考えてもどうしようもないんですが、いつまで続くのか…。
三男坊まで「コロナ、コロナ」と言うようになってきて、小さいながらも手洗いや3密を意識している毎日です。

平日の晴れた昼間に家にいるというのは、植木屋としてと毎日を送っていたので、それは不思議で仕方がありません。
もう20年以上の月日の繰り返しによって体に染み込んでいる日中の感覚から解放されて、新しい感覚が育ちそうです。

当たり前に子どもといる時間が沢山あり、遊びながら怒鳴りながら、今はそれを楽しんでいます。
色々な選手やコーチから送られているサッカーの動画を見て練習したり、ご飯やお菓子作りをしたり、金槌やのこぎりで工作したり、アリを飼育するのに捕まえたり…そんなことをお手伝いしながら楽しんでいます。



それでも、幸い外仕事なので細々とやっております。

昨日の夕方に突然の知らせが届き、明日次男が予定よりかなり早くの退院になりました。
それは我が家にとって、とてもいい知らせでした。
これもきっと何らかのコロナの影響ではないかと思ってしまいますが、入院中の次男の状態を聞いていたので、予定より早過ぎる退院で心配な面はありますが、僕はとても嬉しく思いました。

次男は入院も手術も勿論初めてですし、コロナの影響で面会ができず、かなりのプレッシャーや居心地の悪さなんかを感じていたようで、僕ら夫婦も考えることが沢山ありました。
それでもがんばった次男を親バカですが、とても誇らしく思えました。

いつもの様に三男と外で待っていたら松葉杖をついて、嬉しそうに照れている次男の姿がありました。
その時の顔は忘れられない顔になりました。
帰りの車の中もマスクからはみ出たニヤニヤ嬉しそうな顔。
なんか解放された幸せを噛みしめている様でした。

病院への往復で満開のサクラの道を通っていっていました。
コロナの事もありますし、こんなに寂しく見えるサクラは初めてでした。
葉桜になった頃退院かなっと思っていましたが、おかげさまで満開のうちに退院する事が出来ました。
帰り道のサクラはいつものサクラではなく、明るく綺麗なサクラに見えました。

入院中に片言メールで食べたい物を聞いたところ「すし」だそうで、まぁしょうがない。
今日はオマケにケーキも買って大奮発してしまいました。
久々に全員揃って賑やか過ぎるこの感覚…何をするにもやはりウルサイ…。
3人揃うとやはり凄いパワーですが、やっぱり我が家はこうじゃなくてはと怒鳴りながら…。

これで我が家にもやっと春が訪れた気がしてます。
どんな花を咲かせるのか?
まだまだ開かない蕾達には手がかかるので、お世話が続きます。


雪とサクラ

今日は3月末だというのに雪が積もりました。
満開のサクラに雪が積もっているという珍しい景色が見られました。

新型コロナウィルスの影響で、自粛中の中、車を走らせて病院へ。
三男が発熱に嘔吐と苦しそうな病気に罹ってしまいました。
検査して貰うと、新型コロナウィルスでは無く、アデノウイルスが原因でした。
三男も心配ですが、次男も心配で、このアデノウイルスに罹ってしまっていたらどうしようと…。
幸い体調は良いようでほっとしています。

明日とうとう次男の手術の日です。
金曜日から入院していますが、新型コロナウィルスの影響でお見舞いは禁止。
明日も体調不良の三男の子守で、術前に会うことが出来なくなってしまいました。



出来ればみんなで一緒に見たかった雪とサクラの珍しい光景。
せめて写真だけ撮って、後で次男に見せようと思っても、なかなかよく撮れませんでした。

身近なところから世界的な所まで、自力ではどうしようもない踏ん張りどころです。
なんとかみんなで踏ん張って頑張らなくては。
とにかく明日の僕は祈るばかりです。

| 1/238PAGES | >>

居心地のいい庭づくり 風園 

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM