土の匂ひ

新幹線にスカイツリー、リニアモーターカーに原子力発電…日本の産業は技術力だと小学校で習いました。
日本には石油も鉄鉱石もボーキサイトも産出しないので、それらを輸入して技術を使い、自動車や半導体などに形を変えて輸出しています。
そのおかげで今日の暮らしが成立しています。


今までの人間の文明が滅んだのは、木を切ったからだと言われています。
古代エジプト文明もメソポタミア文明も、イースター島も…木を切った事が大きな原因の一つだと知りました。
燃料として必要だったから切る、石を加工したり運ぶために切る、農作物の収穫量を上げようと畑を拡げるために切る…。

森を切った事での乾燥から、畑に塩基が流れ込み、その塩基が原因で塩害をおこし、作物が取れなくなり結果として国力が落ちる。

もっともっと国を豊かにするための行動で、大きなしっぺ返しが返ってきます。
どんな大きな文明も土の上で成り立っています。
どんな命も土があるから生きれています。

日本には、素晴らしい技術に決して負けない肥沃な土があります。
こんなに肥沃な土を粗末にしてはもったいないので、人間がもっともっと土を大切にしていく事を望みます。
土の上に草が茂り、木も立ち、人も立つ。



今年も恒例、今日は地球の日です。

春の居眠り

長丁場の仕事の行き帰り、大きなサクラのトンネルを通っていこうと、少しだけ遠回りをしています。
昨日の花散らしの雨で「もう終わりかな」と思いましたが、まだまだ見応え十分で朝からサクラ色で通っています。

ここの所、春の居眠りのおかげで暖かくなるのが止まってしまった気がします。
スギナもタンポポもハルジオンも、
アリもミツバチもテントウムシも、
カラスもムクドリもシジュウカラも、
すっかり勇み足で待ちぼうけ。
春が居眠りから覚めるのを待ちきれなくて家に帰ってしまうモノもいる始末でしたが、今日はやっと春の居眠りが終わったみたいで、暖かく心地よい気候でした。
いよいよみんなの活動できる状況が整ったみたいです。



みんなの大忙しを横目に、僕はちゃっかりゴザを引いて木にもたれかかって、一休み。
春の居眠りは気持ちがいい。

山川海

長崎はお義母さんの故郷ということで長く滞在でき、もう何年も通っているので町の雰囲気も分かり、生活感のある旅行になります。
ちょっとスーパーへ行けば、売られている食べ物の違いや商品の梱包のしかたなど、とても田舎な感じがたまらなく好きで、ついつい買い込みすぎても「えっ?」と思えるほど安く、特にお刺身の値段に驚かされます。
そして帰ってから食べる味に更に驚かされます。

市場へ行けば、コノシロが詰め放題で200円とか、カキ詰め放題で500円とか…東京では考えられない事を目の当たりにして何回行っても興奮してしまいます。

すぐそこに山があります。
山からは川が流れ、魚が泳ぎ、鳥が飛び交っています。
石垣の間からはシダやコケが茂り、畑には袋がかけられたビワに、そこら中にある沢山の木々、そんな景色を眺めるだけで飽きることがありません。
高低差が激しく坂や崖地が多く、段段畑の景色や、下から見上げて眺める急斜面の角度は何度みても興奮してしまいます。

まだまだ好きな要素は色々とあるのですが、何度来ても興奮してしまうこの感じは、今まで行った所の中で、住んでみたいと思っている所の一つです。
すぐそこに山あり川あり海ありで、身近に「生きる」を感じられるのは羨ましく思います。



家の裏に山でももっこりできないかなと思いながら…また行こうっと。

| 1/203PAGES | >>

居心地のいい庭づくり 風園 

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM