美人の定義

テレビで何十年前の映像が流れると、当たり前ですが今と昔の違いを感じます。
時間の経過と共に、アイドル歌手や女優さんの美人の定義が変わったような感じがします。


少しずつ冷たい風が吹き込んできた今日この頃。
庭の片隅にチャノキの花が咲いていました。



チャノキはお茶になる木なのでなじみ深い気もしますが、その割にあまり目に入らない木だと思います。
チャノキはツバキの仲間なので「チャドクガ」がつきます。
「チャドクガ」は痒くなる害虫としてあまりにも有名な害虫の一つです。
チャドクガのお陰で、チャノキだけではなく、ツバキやサザンカも目に入りづらくなってきました。
勿論公園にこれから新しく植えられることはないと思います。
仕事でもチャドクガが原因でツバキやサザンカは伐採する事が多く、新しく植える事もほとんどありません。

昔からチャドクガはいたはずですが、寒い季節に花が咲き、目を楽しませてくれるサザンカにツバキはよく植えられていました。
チャドクガよりも、花の美しさが勝っていたように感じます。
人々の美人の定義が変わったように、庭の美人の定義も大きく変わりつつあるように思います。

これから花が楽しめる季節ですので、どうぞツバキやサザンカを眺めて見て下さい。
花も様々で、色々な色や形が楽しめます。
ひと昔ふた昔と時代が回り回って、再びサザンカやツバキの美しさに惚れ込んでしまうかもしれません。
もしもツバキやサザンカが気に入りましたら、庭の片隅にどうですか?
チャドクガに触っても痒くならない僕が言っても、説得力はありませんが…。(笑)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

居心地のいい庭づくり 風園 

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM