金色の金言

夏から始まった長男のサッカーのセレクションがやっと終わりました。
親も子も、時間的にも精神的にも大変な3か月でした。
それでも決まってくれれば前を見て進むのみです。
長男の頭の中は、恐らくすっきりしていて前を見ていることでしょう。

今回のセレクションの経験は、随分長男を強く変えてくれたように思います。
同学年のサッカー少年同士の本気と本気のぶつかり合いでした。
大きい子とも戦わなくてはいけないし、審査をしているコーチ達のプレッシャーとも戦わなくてはいけませんでした。
そして合格発表とも…。
苦い経験からとても強くなった様に感じています。

結局長男はサッカーではなくフットサル(5人制のサッカー)を選びました。
それは現役フットサルの選手でもあるコーチの影響が大きいと思っています。
そのコーチからセレクション前に金言を貰っていました。
経験からくる金色の生きた言葉に大いに刺激を貰ったのだと思います。


話は変わって仕事の話です。


葉が黄色くなってしまったマツの木の手入れ。
今年の冬土壌改良した効果が出て、葉が緑色に戻ってくれました。
そんなマツを手入れしながらまじまじと見たら、幹が随分太くなったように見えました。
気が付かなかったけど、逞しくなったなと感じました。
気が付かないうちに知らず知らずに成長してるんだなと、長男と重なりました。



春から胸に同じマークをつけて、金色目指してがんばって欲しいものです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

居心地のいい庭づくり 風園 

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM