不思議な縁

毎年お正月休みからの朝は寒さとの戦いです。
冷たい風が身に染みます。
太陽の有り難さも身に染みます。

もう少しで平成が終わります。
小学生だった昭和の終わりから改めて振り返ってみると、平成の時代に随分色々あったと思わされます。
年号が新しく変わることで「昭和の人」全開の僕は、更に取り残されないかと思わされます。

そんなこんなで平成を振り返ってみると今年の夏で、植木屋になって20年だと気がつきました。
おかげ様で中身の濃い20年だと感じています。
そしてなんで植木屋になったのかも未だに分かっていませんが、よく続いていると我ながら感心しています。(笑)


植木屋を知らなかった青年期、ランニング中に街路樹に登って枝を切っている人に目を奪われ、思わず「なにしてるんですか?」と聞いたのが植木屋との出会いでした。
今年はどういう訳か、その出会いの場所からすぐ近い所でなかなか経験することの出来ない仕事が訪れました。
不思議なご縁を感じつつ、子供時代の隣町で新しいチャレンジが始まっています。



そんな節目の年、いい年になる事を願いながら次の10年へ…全く想像出来ませんが…。

頭が動いていないというのはこういうことなのか

のんびり過ごしすぎたお正月でした。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
元旦から天気も良くのんびりしていました。
頭の中が何も動かず、平和で穏やかでした。
年始早々に合宿に行った長男がいないこともあり、いつもの長男次男の喧嘩が勃発せず、とてもいいペースの毎日。
三男ペースで動いている様な日々だったので、頭が動いていないというのはこういうことなのか…なんて考えもつきませんでした。



それでも時間は流れ流れて、気がつけばもう7日です。
否が応でも、頭が動いていないというのはこういうことなのかと思い始め、そろそろ頭の中で休んでいた部分が動き始めました。

正月明けですがいきなり高い木の仕事です。
心も体もトップギアに入れて、明日はのぼるぞ!と気合いを入れて!

どうぞ今年もよろしくお願い致します。

よいお年を!

今年も、一年の最後の仕事としている洗車をしました。
長男はサッカーの合宿で不在だったので、次男と三男に声をかけると快く手伝ってくれました。
ジャンバーを着て、長靴を履いて、デッキブラシに亀の子たわし、スポンジを用意して用意万端。
真っ黒だった車がみるみる綺麗になっていきました。

この車の洗車もこれで最後になることになりました。
その事を伝えると、次男が張り切ってピカピカにしてくれました。
三男も洋服をびしょ濡れにしながらピカピカにしてくれました。
傷だらけの車をみると色々考え深く、僕もつられて今までよりも綺麗にしました。



今年は厄年だけあって色々ありましたが、何とか一年を締めくくれました。
来年に向けてゆっくり休んでパワーをつけなくては…。

今年も一年ありがとうございました。
どうぞよい年をお迎え下さい。

<< | 2/226PAGES | >>

居心地のいい庭づくり 風園 

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM