旅行にて

子どもの夏休みを利用して長崎に行ってきました。
相も変わらず長崎ですが、全く飽きない一家です。

今年は毎日のように釣りに出かけました。
釣る場所も相も変わらず同じ場所です。
行けばいつもそれなりに釣れるのですが、今年はちょびちょびしか釣れませんでした。
長男次男本当に釣り好きで、釣れない釣りでもそれなりに楽しんでいました。
特に長男、まだ暗いのに毎朝きっちり早起きして寝ている僕を起こしてきました。
準備もテキパキ用意して、スゴイやる気パワーに早朝から驚かされました。
餌も自分でつけれるようになり、殆ど手もかからず、随分成長したと感じました。

それでも一番釣ったのは次男で、アジにカワハギにメジナ…釣る度に興奮していい顔をしていました。

長男次男共に、自分が釣った魚を、さばいて焼いて、美味しく食べました。
三男も美味しく食べました。
生きていたものを食べるという事をそれぞれに考えていました。

今年の物凄い暑さにやられ気味な心と体が、子供たちのおかげで幾らか楽になった気がしました。
(子どものパワーに押され別の所がやられるのですが…。笑)



それにしても夏が終わろうとしているのにまだまだ暑そうです。

隆人おじさん

突然の警察からの電話でした。
電話を切った後、止めた車を走らせる事がなかなか出来ない…頭が真っ白になっている事に気付いていて、どこに心をもっていっていいのか分かりませんでした。
突然の叔父さんの訃報、信じがたい認めたくない、とても悲しく切ない電話でした。

小さい頃遊んでもらった記憶が蘇ってきます。
叔父さんはアルプスの山のガイドをしていたので、山の事はとても詳しく、沢山面白いところに連れて行ってもらいました。
釣りを教えてくれたり、魚のつかみ方、鳥や動物、植物の話…都会で暮らしていた僕にとってとても興味深い話だったことを思い出します。

何年か前に突然会いに行きました。
子どもを会わせると「お前の小さい頃にそっくりだな」と笑っていました。
久しぶりに会った叔父さんは老けていたものの変わっていない印象でした。
今年もそろそろ行けたらと思っていた春の頃、今思うと「呼ばれたんじゃないかなと」思いました。

今僕がこの仕事をしている、続けられているのは叔父さんが関係していると思っています。
山の話に、山のお土産、釣り竿にお手製の擬似餌、目に映るものが格好よくて引きつけられていた事を覚えています。
叔父さんらしいといえば、叔父さんらしにい終わり方だったように思いますが、とても納得出来る最後ではなかった…。



バカヤロウ!

ありがとう。

突然の暑い夏の到来にまだ体も慣れずに四苦八苦中です。
今年は草木がよく茂っている気がしています。
茂っているからなのか、今年は蜂の巣と鳥の巣によく鉢合わせします。
鳥も蜂も気付かれないところに作るはずなので、当然気付かないことが多く、突然の巣の発見にびっくりします。
子育てには蜂も鳥も必死で、全力で守ろうとします。
おかげでハチには刺激的な一発をお見舞いされてしまいました。

鳥の巣ではハトやヒヨドリ、メジロなどの巣がありました。
膨らんで大きく見せようとするハト、ピーピー警戒態勢のヒヨドリ、一度は逃げてしまいましたが、近くで様子をうかがってすぐに戻ってきたメジロ、子育て奮闘中でした。
僕も子育て応援キャンペーン中なので、なるべく静かに邪魔にならない様にしています。
お客様に鳥の巣の存在を伝えると、皆様温かく見守ってくれるので、カラスに見つからない程度に、そして伸びすぎない程度に剪定しています。



枝に体が当たったときに親鳥だと間違えて「腹減ったー」と大きな声で鳴きました。
親鳥も非常事態発生でしっかり見張っていました。
子どもの要求に負けず頑張っている親鳥に負けじと頑張らなくては。
暑さも加わり、ここの所子どもの「腹減ったー」に負けそうです。
暑くてもパワーダウンしない子どものパワーが羨ましいこの頃です。

<< | 2/221PAGES | >>

居心地のいい庭づくり 風園 

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM