サンタクロース

今年は暖かなクリスマスだったように思います。

昼休みのこと、終業式を終えて帰宅途中の小学生に「昨日サンタさんに何貰ったの?」と突撃しました。
知らない人に戸惑いはあったものの嬉しさは隠しきれずに満面の笑みで「ゼルダのゲームソフト」と教えてくれました。
本体のゲーム機は自分のお小遣いで買うとのこと、通知表も好成績だったようで沢山の笑顔を貰いました。

悪い子には来てくれないはずですが(笑)、我が家も無事にサンタさんがプレゼントを届けてくれました。
長男にはネイマールのユニホーム、次男にはベイブレード(駒の玩具)、三男にはキックボード。
長男は早速学校に着ていったようですし、次男も三男も日中にしっかり楽しんだようです。

毎年毎年ひたむきに子どもたちに笑顔を届け、その笑顔で大人も笑顔にしてしまうサンタクロースは、やっぱりただ者ではないように思います。
なかなかサンタクロースの様にはいかないですが、いつかはサンタクロースみたいにになれたらいいなあと…。

今年も温かなクリスマスでした。

良い知らせ

サッカー少年になった長男となりつつある次男、そして2人の友達のてつ。
子どもたちには遠いであろう場所まで、一生懸命頑張って練習に通っています。
時々彼らのボールを蹴る姿を覗くと上達が見られます。
彼らが通い始めて3か月、思い返すと随分上達したものだと感心させられます。

そんなてつの家に今日新しい命が産まれました。
5番目の姉弟はまたまた女の子。
女の子4人で、男はてつ1人…逞しくなってね。(笑)

そして偶然にも同じ日に、長野のKくん宅にも新しい命が授かったとの知らせが届きました。
「この間結婚したかと思ったら、あれよあれよと…」なんて、笑顔の電話を貰いました。
あのKくんも来春にはとうとう親父かぁ…。(笑)

嬉しい知らせに元気が出ます。
知らせだけなのに、子どもの話題はやっぱり光のように輝かしく感じられ、笑顔を貰い、肩の力が抜け、時間すら止めてしまいます。


その世界からふと我に返ると、「いやー、随分年を取ったなー」とまた一人笑いをしてしまう自分。
まったりと幸せを感じながら、久しぶりの一人コーヒータイム。
今年はほんの少しだけ余裕がある12月の予定も、コーヒーを美味しくしてくれています。


今日も長男のサッカーのお迎えに行きました。
10分、15分見学しているだけで寒すぎるのに、楽しそうにボールを蹴っている姿を見てると我慢が出来ます。
子どものサッカーを見ていたら、よく父親が僕のサッカーを見に来ていたことを思い出しました。
寒い日も見に来ていました。
今日はとても寒い日だったので、少しだけ、寒い日に子どものサッカーを見に行く父親の気持ちが分かりました。



いやー年取ったなー…。(笑)

無意識剪定

いよいよ12月になりました。
お正月前の最後の追い込みの季節です。

昨日から都心より少し離れたお庭での仕事です。
辺りは静かでメジロやジョウビタキなど、小鳥の声がよく聞こえます。
去年と同じ順番で、去年と同じやり方でマツの手入れをしていました。
マツの手入れは、体はほぼ動かさずに手先を主に使う細かな仕事なので、集中力が大切です。
そんなマツの手入れをしているときに、今回初めて面白い体験をしました。


気がつくと「あれここどこだ?」

多分数秒の記憶喪失?でしたが、ここがどこなのかを思い出すまで長く感じました。
面白いのが記憶喪失中、マツの手入れをするという意志は頭にあり、手先は動かしてマツの手入れをしているままでした。

「あれ、ここはどこだ?」と頭に浮かぶ前は無意識で、本当に頭の中が空っぽ状態だったということなのか?それとも記憶傷害なのか?
ただ無意識で仕事をしていた時の事はとても快感で、不思議な経験でした。

意識が無くても手が動いているという事は一体どういうことなんだろう?
何も考えていなくも仕事が出来るのだろうか?
いや、そもそも毎日何も考えてないじゃないか!…。(笑)

そう言えば最近忘れることが多い気がします。
年齢的なものなのか?怠慢なのか?病気なのか?分からないままですが、マツの手入れはしっかり完了しました。



もしかしたら宇宙人の仕業なのかも?なんて…。

<< | 3/215PAGES | >>

居心地のいい庭づくり 風園 

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM